DMを確実に顧客に届けるためにやるべきこと

宣伝の方法として有用なダイレクトメール。携帯のショートメッセージサービス(SMS)を利用した、開封率を上げるための施策があるなど、紙というアナログとデジタルを上手に組み合わせることで、DMを手元に届け、多くの人に開封してもらうことができます。

さて、DMを確実に消費者の手元に届けるためには、前述の開封率を上げる施策だけではなく、もっと多くのことに気を付ける必要があります。

広告や宣伝が溢れかえっている現代社会において、DMを手に取ってもらうということは至難の業です。多くの場合はちらりと確認して、そのままゴミ箱に捨てられてしまいます。そもそも、確認すらされないで郵便ポストに入っていたチラシとともに資源ごみとして回収されてしまうこともあります。

せっかく時間と手間をかけて作ったDMですから、なるべく多くの人に見てもらいたいですよね。手に取ってもらえるDMにするためには、言うまでもなくDMのデザインが重要です。一目見ただけで、何を扱っているのか、誰向けなのか、ということが最低限分かるようにしましょう。

分かりやすいデザインというとなんだか難しいことのように感じますが、DMは企業とお客様の間のコミュニケーションツールであるということを意識すれば、情報の詰め込み過ぎは防ぐことができます。レイアウトだけではなくフォントや色遣いなど、気を付けるべき点は様々です。

幸いにも現在はインターネットが発達しているため、特にデザインの勉強をしたことが無い人でも、デザインのコツを調べることで一定以上の形にすることができます。資金に余裕のないうちは自作デザインでも構いませんが、余裕が出てきたら外注することも検討しましょう。やはりデザインを学んだプロの作品は、思わず手に取ってしまうような訴求感があります。

DMに商品広告だけでなく、割引チケットや商品券などを同封している場合は、書留ではなく「セキュリティ便」の利用もおすすめです。セキュリティ便とは、チケットや金券類を配達するヤマト運輸のサービスです。メール便はポストへの投函で受領印を必要としませんが、セキュリティ便であれば受領印が必要となるため、確実にお客様の手元に届けることができます。

書留も同じく受領印を必要としますが、違いは届け先が不在だった場合の対応です。書留の場合は、初回配達時に不在の場合、連絡票を投函し、その後連絡がない場合は10日間保持します。最終保持日にもう一度訪問し、それでも不在の場合は返品となってしまいます。

しかしセキュリティ便なら、不在で連絡がない場合でも、最大7日間配達のため訪問します。さらに、ドライバーへの電話連絡のほかに、ウェブから再配達依頼ができるため、書留よりも返品率が下がります。

セキュリティ便を利用したDM発送を行うなら、メールカスタマーセンターをおすすめします。こちらはDM関連業務に詳しいため、セキュリティ便のようにより確実にお客様の手元に届ける方法や、冒頭で述べた開封率向上のための施策なども行っています。そのほかにも、DM発送をはじめとした郵便コストの削減を得意としているため、DM発送の種類についてわからないことがあれば一度メールカスタマーセンターのページをご覧になってみてはいかがでしょうか。→ 発送物に合わせたダイレクトメールの発送方法をご提案