事業者が融資先をお得に選ぶ方法

どのような借入であっても、お金を借りたら必ず返済が必要となり、借入金額に対して一定の金利が発生します。事業者の場合は信用力によって借入先の選び方がさまざまですが、まとまった大金が必要な場合は銀行から融資をしてもらうことが多いでしょう。小規模の会社を経営している場合や、個人事業主の場合は銀行や消費者金融のカードローンを利用することができます。ビジネス向けのローンの場合は、消費者金融のローンであっても総量規制の対象外となります。そのため収入を少なく申告している場合でも、ある程度まとまった金額を借り入れることができるでしょう。

ただし消費者金融から借りていると、他社で借り入れる場合にビジネスローンも総量規制の対象として見られてしまうことがあり、他の会社での契約ができななってしまうことがあります。消費者金融のビジネスローンを選ぶ場合は、さまざまな会社を比較し、最も利用しやすくメリットのある会社で、金利の低いところを選ぶと良いでしょう。銀行から借りる場合は規制対象外ですが、ビジネスローンを利用する場合は事業計画書や事業の実態を証明できるものなど、通常契約するローンとは別に必要になる書類も増えますので、あらかじめ確認しておきましょう。